これはこれは、来客とは珍しい。いやどうぞ、ゆっくりとしていってください。私はこの大極東帝國を統治する極東元帥です。(´◉◞౪◟◉)

いやぁ、いろいろ大変ですよ。何といっても資源も特産物も何もない帝國ですからね。観光客も来ないし。今、私の右腕である血統専科が資金調達法をいろいろ研究しておりましてね、結局、競馬に頼るしかないんですよね。(´^◞౪◟^)

 

まぁね、でもそれはそれでいいんですよ。今は、民の生活を十分豊かにするための資金を、実際に競馬で得られていますからね。

過去15年は悲惨でしたね。競馬やらない時期もあったんですけど、合計で200万極東$くらいJRA銀行に預けてましてね。この帝國は借金まみれでした。民の家も藁ぶき屋根でしたし...。

 

しかし、2019年から一気に飛躍しましたね。そのきっかけは、令和元年の日本ダービーでした。私が元帥に昇格することが決まって、ここは思い切った作戦をとろう、と。その結果、ロジャーバローズの単勝に10万極東$引っかかりましてね。これが90倍以上ついたもんですから、900万極東$をゲットしたわけです。これまでのJRA借金が200万極東$あったわけですが、差っ引いても600万極東$以上の資産を得ました。さらには翌週の安田記念でインディチャンプの単勝が的中し、資産が1,000万極東$に近づいたのです。

 

これだけでも十分だったのですがね、やはり国力を充実させるためには更なる資金が必要でした。2019年秋のスプリンターSで、300万極東$をタワーオブロンドンの単勝にブッ込みましたよ。自信があったんでね。これも当たり、1,500万極東$へ到達。その後、マイルCSのインディチャンプの単勝に400万極東$、JCのスワーヴリチャードの単勝に1,000万極東$。.....当たりましてね~ (´^◞౪◟^)。その後は勝ったり負けたりありましたが、阪神JFのレシステンシアの単勝に100万極東$いってたんですね~。

 

そしていいことは続くものでねぇ、2019年最後の中央の最終レース、2場開催だったんですけどね、最終レースに250万極東$ずつ単勝勝負したんです。そしたらですね、両方1着なんていうことになっちゃってね、もう笑いが止まらないっていうかね。(´^◞౪◟^) あっはっは!

 

これまで200万極東$負けていたのが、2019年だけで約1億極東$になってしまったんですよ。まったく困ったもんです。(´◉◞౪◟◉)

 

お蔭で、今、我が大極東帝國はかつてない好景気なのですよ。これからは競馬に加えて、アミューズメントパークを作って観光客を増やそうと思っているんです。アミューズメントパークの名前は大極東ディスティニーランドっていうんですけどね。主要マスコットキャラはキョッキーマウスっていうんです。カブリの風俗とか、キョッパイパブとか、キョクトリカルハッスルタイムとか、施設、企画の案も練られていますからね。こうご期待ですよ。(´^◞౪◟^) あっはっは!